キャッシング 在籍確認

MENU

キャッシングの在籍確認はどこの金融機関でもあるの?

会社に電話で在籍確認

キャッシングサービスに申込みをする時には、安定した収入がある必要があります。そのため、職場の情報なども申込書には記載する必要があります。会社名や部署、住所や事務所の電話番号などかなり細かい情報も必要になります。

 

キャッシング会社は、この会社が実際にある会社なのか、本当にその会社に勤務している実績があるのかという点を必ず確認します。もし、虚偽である場合には融資を実行することが出来ません。この確認する作業の中に、在籍確認というものがあります。

 

在籍確認では、キャッシング会社のスタッフが、実際に申込み書に記載されている職場の電話番号に電話をして、本人が在籍しているのかということを確認することになります。

 

キャッシング会社からの電話だとばれてしまうと困る。と思う人は多いと思いますが、キャッシング会社側は、自らの会社名などは告げることなく、知人のようなフリで個人名で電話をかけてきますので、この点はあまり心配する必要はありません。

 

また営業職などで不在がちという場合でも、在籍していることが確認できれば問題がないので、現在業務により離席しております。というように、同僚などが応対をしてくれれば、それで在籍が確認できますので問題がありません。最近ではこの在籍確認を行わないWEB完結型のキャッシングなども出てきていますが、在籍確認の電話があるということをあまり心配する必要はないのではないでしょうか。

 

自宅に本人確認の電話をするケース

キャッシングを利用するとき、まず申し込みをします。最近はネットでの申し込みが主流となりつつありますが、パソコンやスマートフォンからならば、24時間365日いつでも申し込みができます。もちろんネットなくても、郵送や店舗へ来店、電話など様々な方法で申し込みができます。

 

そしてキャッシング申し込みをすると、申し込んだ人が本人かどうか自宅に本人確認の電話が掛かってくることもあます。もちろんキャッシング会社の名前は一切出しませんし、個人名で女性がかけてきます。ですから家族にばれる心配はほとんどありません!

 

しかしそれでも心配な人もいます。そういった方におすすめなのが、WEB完結と呼ばれるキャッシング方法です。こういったキャッシング方法では、ネットで手続きの一切を行います。審査結果もメールできますので、メールさえ見られなければ、家族にばれることは一切ありません。店舗へ来店する必要もなく、すべてネット上でできるので、本人確認の書類もメールに添付して送ることができます!

 

ちなみに本人確認の書類としては、運転免許証が一般的です。もちろん免許証以外でも身分を証明できるものであれば構いません。例えばパスポートや健康保険証などを利用する方もいます。会社や職場にかかってくる在籍確認はほとんどの金融機関で実施してますが、自宅への本人確認の電話は免許証などで確認が取れるので省略する金融機関も多いです!

 

スマートフォンを利用しての手続きであれば、運転免許証などの身分を証明するものをカメラで撮影し、それを送ればOKです。この場合、ぼやけたり、画面に対して小さすぎたり、フレームからはみ出していたりする場合は再度撮影となりますので、気を付けるといいです。