カードローン 銀行系と消費者金融系の違い

MENU

銀行系と消費者金融系のカードローンの違いは?

銀行系カードローン・キャッシング

 

銀行系のカードローン・キャッシングにどのようなイメージをお持ちでしょうか?銀行と名がつくだけあって、良心的で金利が低めに設定されており、尚且つ安心して利用することが出来るカードローンとなっているます。

 

基本的には保証人はどの銀行でも不要となっているのですが、しっかりと返済をしていく事の出来る人であれば、審査に落ちるという心配も少ないのではないでしょうか。

 

キャッシング・カードローンの審査基準の中で重要なポイントは、安定した収入となっています。審査は年々厳しくなっているのですが、しっかりと働いていて、安定した収入があるという人であればまず心配はいらないのではないでしょうか。

 

もしも大手銀行のカードローンを申込して、審査に通らない様であれば、他の消費者金融を検討することをお勧めします。

 

消費者金融に比べてみても、銀行系は審査が厳しいというところも少なくはありませんので、確実に借入をするためには、他も当ってみるという事が大切ですね。金利が安いとはいえ、あくまでも必要な時に必要な金額だけを計画的に借入をするようにしましょう。

 

 

 

消費者金融系カードローン・キャッシング

 

消費者金融系のカードローン・キャッシングとは、テレビコマーシャルなどでよく見かけるCMの会社〜アコムやプロミス・アイフルなどが主となります。

 

即日審査可能となっている会社が多かったり、困った時にすぐに借入をすることができるという点から、利用されているという人も多いのですが、その反面、金利は高めに設定されているのです。銀行ATMを使って借入が出来るなど、とても便利なのです。

 

給料日までに少しでいいから借入をしたいという人や、急な冠婚葬祭などで、すぐにお金が必要になってしまったという人は、こちらの消費者金融系キャッシング・カードローンがおススメですね。

 

総量規制は、借入をしすぎない為に、返済可能額を借入することが出来るという意味も込められた制度となっておりますので、自分の身の丈に合った金額を借入することが出来るという事になり、無理なく返済をしていくことが出来る金額を借入することが出来きますね。