ブラックでもお金を借りる方法

MENU

ブラックリストに載ってもお金を借りる方法ってあるの?

結論から言うと、ブラックでもお金を借りる方法はあります!金融機関からお金借りる時には審査を通過しなければなりませんが、この審査では様々な項目が総合的に見られます。

 

すなわち、年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、他社からの借入件数、借入額、年齢などです。個人信用情報に「異動」の情報がある場合、どのような判断がされるのかは金融機関によって異なります。

 

ブラックの人は、他の項目がどんなによくてもただそれだけで審査に通らないケースもあります。「ブラックの人にはお金を貸さない」という方針にしている金融機関では諦めるしかないでしょう!

 

しかし、ブラックの人にお金を貸してはいけないという法律はないので、金融機関によっては審査に通る可能性があります。例えば、個人信用情報が良好な人が10点、ブラックの人は0点というスコアをつけている金融機関があったとすれば、他の項目で10点分の差を埋めることができれば審査に通るということになります。

 

銀行は信用情報をとても重要視すると言われているので難しいかもしれませんが、消費者金融などではブラックの人でも安定収入があるなら限度額10万円程度なら借りられる可能性はあります。

 

同じ消費者金融でも、大手よりも中小規模の消費者金融のほうが審査は柔軟であると言われています。そのため、大手の審査に落ちても中小規模の会社ならば、可能性はあります。中小規模の会社では、3万円〜7万円といったように、10万円未満の少額融資にも対応しています。それも審査に通りやすい理由です。

 

しかし、お金を借りることばかりを考えて、しっかりと金融機関を選ばないと、後で後悔することになるかもしれません。最低でも、きちんと貸金業登録がされている正規の金融機関であることは確認しておきましょう。

 

また、ブラックになってから5年〜10年が経過すれば、信用情報から「異動」の情報は消えます。理想を言うなら、信用情報が完全に回復してから審査に申し込むべきでしょう。